曹洞宗・禅宗 大鳳山

薬師寺の歴史

薬師寺の歴史

薬師寺は元々、札幌市中島公園付近に立地する祈祷場であった。この祈祷場の祈祷師が薬師寺の開基にあたる女性霊能者小林外枝師(神徳院至善妙光庵主)である。祈祷場としての人々の信仰も厚く、子宝授与や病気平癒を願う信者の数は行列をなすほどのものであった。のちに寺号公称し、檀務・葬儀等をとり行うようになり、一般寺院としての性格を増していった。
昭和三十六年、先代住職小林良信師(薬師三世中興惇室良信大和尚)の代に西区発寒に移転し、以後、本堂・庫裡の落慶など大きな発展を遂げる。
平成十三年十一月、三世小林良信師が遷化され、現在の四世小林良善師の代へと移り変わるが、元来の祈祷場としての面影を家風に残しつつ、禅宗寺院として伽藍を構えている。

薬師寺の歴史

【 薬師寺の略暦 】

昭和10年7月開創藤塚大仙師により札幌市南4条西11丁目にて開教。
昭和14年 秋札幌市南10条西6丁目に祈祷場として移転。
昭和26年10月寺号公称。檀家制度をとり、葬儀も行うようになる。
昭和36年先代住職 小林良信師が住職に就任し、今の発寒に移転。
昭和44年大本山総持寺より岩本禅師を拝請し、本堂庫裡落慶。
昭和50年納骨堂落慶。
昭和60年大庫院落慶。